新米通販2019【早わかり版】

2019年の新米通販をブランド別にまとめています。

ひとめぼれ新米2019

2019年、ひとめぼれ新米についてまとめています。

ひとめぼれとは?

ひとめぼれは、コシヒカリの改良品種として宮城県で誕生しました。

味の点では優れており、耐冷性もあるコシヒカリを東北で育てるには、成熟してきた時の倒れやすさといもち病に対する弱さを補う必要があり、品種改良がおこなわれてきました。

ですのでひとめぼれの親品種はコシヒカリになります。

ひとめぼれ新米2019の値段相場は? 

  • 宮城県ひとめぼれ 10キロ 食味ランキング特A 令和新米 直売所あじわいの朝:4,380円
  • 令和元年新米予約!宮城県産ひとめぼれ20kg!ショップ・オブ・ザ・イヤー2015・2016連続受賞、米・雑穀のみちのく農業研究所、楽天レビュー数「12917 件」:8,888円

  • 【新米】ひとめぼれ 5kg×2袋 白米 10kg 福島県 令和元年産、会津CROPS米直販・楽天市場店、レビュー 数「9293 件」:4,292円

ひとめぼれの味は?

ひとめぼれ新米2019

ひとめぼれの名前は下記の様な内容からといわれています。

「見た目の美しさにひとめぼれ。食べて美味しさにひとめぼれ。愛されるお米」

この特徴のある味で、ひとめぼれ新米の発売は毎年注目されます。

ひとめぼれに合う料理とは?

ひとめぼれはどんな料理にも合うお米として知られています。

コシヒカリ譲りの味の良さで価格も比較低やすいことから、定食屋などの飲食店やコンビニエンスストアでも採用されています。

またひとめぼれは、程よい粘り気があり、柔らかな炊き上がりですので、焼き魚や刺身などの和食との相性が良く、一方で柔らかくない方が良い酢飯やカレーには合わない、言われています。

ひとめぼれの新米、さてどうやって食べるのが良いでしょう?楽しみですね。

ひとめぼれの産地は?

ひとめぼれ」は、北は青森県から南は沖縄県まで全国で作られています。

発祥は宮城県ですので、主な産地は、宮城県岩手県福島県などの東北地方が挙げられます。

やはりひとめぼれ新米、となりますと宮城県産を中心とした東北地方が注目されます。